2018/08/27

  • New Zealand

World Iron Awareness week

ニュージーランドでは、8/27(月)~9/2(日)の一週間で「鉄分をとりましょう!」という「World Iron Awareness week」があります。鉄分を効率よく、おいしく摂取するために、赤身のお肉は大変効果的です。

画像からもわかる通り、120gの赤身のビーフステーキには、シルバービート約1kg分と同等の鉄分が含まれています。

シルバービートは、ニュージーランドでは1年中スーパーで目にする野菜で、日本でも「スイスチャード」や「不断草(ふだんそう)」として売られており、その栄養価は鉄分豊富なイメージのあるほうれん草と比べて、鉄分が約1.8倍も含まれています!

日々の食事に赤身のお肉を取り入れて、おいしく手軽に鉄分補給することで、
健康的でいきいきとした暮らしを推進する取り組みです。
Let's Eat Lean Steak!