2020/04/03

  • New Zealand

ニュージーランドのおすすめお土産6選!たくさんの人へのプチ土産から特別な人への贈り物までご紹介

ニュージーランドのおすすめお土産6選!たくさんの人へのプチ土産から特別な人への贈り物までご紹介

現在は、新型コロナウイルスの影響で様々なレジャーが制限されていますが、事態が収束し安心安全な日が来たら実現したいことの一つとして、海外旅行をあげられる方が多いのではないでしょうか。

日本からの観光客や留学生が多いニュージーランド。自然豊かなニュージーランドでは羊が有名ですが、他にも魅力的なものがいろいろあります♪

お土産を買うなら、渡した相手に喜んでもらえるニュージーランドならではのお土産を、と考える人が多いはず。

今回は、ニュージーランドの南島クラストチャーチに本社を構えるアンズコフーズが、学校や職場、自分や家族用におすすめのお土産を厳選してご紹介します。

お土産を買う際の注意点についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてください♪

ニュージーランドでは、商品やサービスに対して日本の消費税に相当する税金が15%かかります。
ただ日本とは違い、商品価格はすべて税込表示となっています。

学校の友達におすすめ!お土産3選

学校や職場などで大勢の人に配る、「ばらまき用のお土産」におすすめのものをご紹介します!

ニュージーランドの国民的お菓子 Cookie Time

定番のチョコレートやクッキーといったお菓子の中でも、ニュージーランドの国民的お菓子と言えばCookie Time(クッキータイム)です。
SNS映えしそうな、ポップで赤いモンスターのパッケージをブログなどでご覧になった人も多いのではないでしょうか。

しっとりしたおいしさはもちろんのこと、食べ応えのある大きくて分厚いサイズや、オーガニックにこだわっていることでも人気のクッキーです。
日本では原宿に店舗があり通販でも購入できます。
ニュージーランドでは、スーパーやガソリンスタンドなど気軽に買うことができ、また大きな路面店では、日本で発売されていないフレーバーもあります。

ミニクッキーパックなら個包装で、まとめ買いしてばらまき用に最適です!

ニュージーランド限定紅茶とコーヒー

イギリス系の移民が多いニュージーランドでは、紅茶がよく飲まれています。紅茶のブランドとして人気の高いTwiningsは、ニュージーランド限定のNew Zealand Breakfastという商品を販売しています。しっかりとした味で、くせの少ない紅茶です。

パッケージにはマウントクックとニュージーランド固有の鳥「トゥイ」が描かれており、とても綺麗なデザインです。
軽量のためお土産として適しています。

ニュージーランド企業Chanuiが販売しているオリジナル紅茶も人気です。フレーバーの種類が豊富で、選ぶのも楽しくなります。
Chanuiはビスケットも販売しているので、紅茶とセットにして渡すと喜ばれます♪

ニュージーランドではコーヒーもよく飲まれています。なかでもポピュラーなのが「フラットホワイト」。
これはエスプレッソにスティームミルクを注いだカプチーノのようなコーヒーのことです。
このフラットホワイトとマフィンをいただくのがニュージーランド人の朝食の定番となっています。
お土産用としてはスティックタイプのお湯を注ぐだけのタイプが人気です。

紅茶やコーヒーは、お菓子より賞味期限が長いので、すぐに渡せない人へのお土産としても適しています。

ニュージーランドのおしゃれ雑貨

雑貨や文房具をお土産に渡したい、という方はTypoという雑貨店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

お洒落でかわいいデザインが女性を中心に大変人気で、ニュージーランドの各地にお店を展開しています。

ペンやノートなら、職場や学校で毎日使うので喜ばれるでしょう。
また価格も手ごろなので、大人数へのお土産としてもおすすめです。まとめ買いをするとお得になることもありますので、少し多めに買っておくのもよいでしょう。

自分用や家族用に!個別で渡したい人におすすめのお土産3選

大切な人に、個別に渡したい時におすすめのニュージーランド土産をご紹介します。

ニュージーランドの一番人気 マヌカハニー

ニュージーランドのお土産で1番人気なのは、なんといってもマヌカハニーです。「マヌカの木」から採れるニュージーランドでも限られた地域でしか取れない、希少性が高いはちみつです。

専門店の高級なマヌカハニーはもちろん、スーパーで買える手ごろなものもおすすめです。マヌカハニーは抗菌、抗酸化作用があり、ピロリ菌を殺菌してくれることでも有名になりました。口内炎やのどの痛みの予防や整腸作用もあると言われる健康食品です。ニュージーランドでは、体調がすぐれないときに食事替わりに食べる人がいるほど栄養豊富です。

マヌカハニーは、独特の苦みが特徴です。
トーストやヨーグルトにかけていただくのはもちろん、調味料として料理にも幅広く活用することができます。
キャンディタイプもおすすめです。

直射日光に当たらない冷暗所に置いておけば、2-3年と長い賞味期間で保存が可能です。

自然豊かなニュージーランドのオーガニックコスメ

自然豊かなニュージーランドでは、その自然を生かしたオーガニックコスメも人気のお土産です。
マヌカハニーやマヌカオイルを配合した塗り薬や保湿クリームは、保湿効果が高く、肌のバリア機能を高めてくれます。

他にもニュージーランド原産のローズヒップ、ラベンダー、アボガドなどのオーガニックオイルも人気が高いお土産です。「トリロジー」「リビングネイチャー」などのブランドがおすすめです。

ニュージーランドらしいユニークなコスメとしては、羊の油を利用したラノリンクリームや、温泉の泥を使ったミネラル豊富なフェイスパックなどがあります。自分にも大切な人にも贈りたくなるおしゃれなパッケージのものが販売されています。

羊の国ならではの、ウール製品

羊の国としても知られるニュージーランドのお土産としては羊製品も外せません。
ウール製品の中でも、メリノウールは特に人気が高く、セーターやマフラー、帽子などの種類が豊富です!

肌ざわりが優しく、保湿性が高いのが特徴です。
ニュージーランドは朝晩は冷えることが多いので旅行中にも活躍するでしょう。
乾きやすく蒸れにくいので、ハイキングなどのアウトドアやスポーツにも向いています。

シープスキンを利用したものもおすすめです。
敷物はもちろん、シープスキンを内側に施した履物なども人気があります。

特にクオリティが高い職人手作りのブーツを取り扱うカンタベリーシープスキン、クラシックシープスキンといったブランドはおすすめです。
上質な羊の毛とシープスキンを使っており、温かく履き心地抜群です。

食べかけの食品や生モノは機内に持ち込めないのでご注意を

ニュージーランドのお土産を日本に持ちこむ際、注意することがあります。
購入したものすべてを日本に持ちこめないことを覚えておきましょう。

機内に持ち込めないもの

せっかく買ったお土産や空港で買った食べ物が機内に持ち込めないことがあります。どのようなものが機内に持ち込めないのでしょうか。
残念な思いをしないためにも、ここで確認しておきましょう。

液体と見なされるものは持ち込みが制限されます。
100ml以上の容器に入った液体は、液体自体が100ml以下であってもすべて持ち込み不可です。

ゼリー、ジェル、クリームといったものも液体の仲間と分類され、制限の対象となります。
ただし、手荷物検査後に購入したものは安全性が確認されているので、持ち込みが可能です。

食べかけの食品は基本的に持ち込めないので、搭乗前に食べきってしまうた方がよいでしょう。
また、生ものやキウイなどの果物は腐敗したり、虫がついている可能性もあるため基本的に持ち込み不可です。

ハムやソーセージなどの肉製品も持ち込めません。
ただし、オーストラリアやニュージーランドでは、検査証明書が添付されたお土産用の肉製品があり、これらは機内持ち込みが可能となります。

ニュージーランドのラム肉や牛肉は日本でも購入できます

ニュージーランドで体験したあのお肉のおいしさを、家族や友人と一緒に楽しみたい!
そんな時は、日本でも手軽にスーパー等で購入できる安全性の高い高品質なアンズコフーズのラム肉や牛肉をご利用ください。

ニュージーランドの大自然の中で、豊富な水資源と肥沃な土が羊や牛のえさとなる栄養豊富な牧草を育てます。
まじめな生産者のもと、完全放牧でのびのびと育てられたニュージーランド産のラム肉や牛肉は、鉄分やたんぱく質などをたくさん含んだ上質な赤身肉です。
周囲を海に囲まれたニュージーランドはBSEなどの病気からも隔離され、まさに理想の畜産国なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です